入浴剤でアレルギーになったりする?選び方は?

あなたは、アレルギーは食べ物だけだと思っていませんか?

お蕎麦を食べてアレルギーを引き起こす。

このような話はよく耳にしますので、食品でアレルギーを起こしやすいことを多くの方がご存知だと思いますが、食品だけではなく化粧品同様に入浴剤もアレルギーは起こりやすくなります。

では、どうしてアレルギーはおこるのか。

そして、アレルギーが起こらない入浴剤の選び方を見ていきましょう。

まず、入浴剤にはとても多くの添加物が配合されていることをご存知でしたか。

基本的に入浴剤は色や香りを楽しむことが主流なので、着色料や合成界面活性剤などの添加物がたっぷりと配合されています。

この添加物は肌表面のバリア機能に侵入し、必死に皮膚を守りたいバリア機能さえも破壊しながら内部へと浸透していくので、アレルギーを引きおこして、アトピーなどの皮膚疾患を誘発します。

皮膚科でも、市販の入浴剤の使用は禁じており、アトピー性皮膚炎などの敏感肌の方には特に注意が必要なのですが、せっかくの楽しいバスタイムですから、お風呂が楽しくなるような入浴剤を入れたくなりますよね。

そこで、アレルギー体質の方にもオススメなのが、「みんなの肌潤風呂」です。

これなら、明礬温泉の湯の花成分を配合しているので、まるで温泉に行ったかのような気分が満喫できますし、肌に優しい保湿成分ばかりを配合しているので、しっとりとなめらかな肌状態へと導いてくれるのでオススメですよ。