重炭酸入浴剤薬用ホットタブとみんなの肌潤風呂の特徴比較と選び方

お風呂は大好きだけど入浴後の肌乾燥が気になる、どんどん乾燥して痒くなってしまう、という悩みを抱えている方は少なくありません。

お風呂に入ること自体、汚れだけでなく皮脂も落とすことになりますので、どうしても肌は乾燥してしまうものです。

このようなことから、入浴後はできるだけ素早く保湿ケアをすることが大切だと言われています。

美容ケアを大切にされている方は、体を拭いた直後にすぐ保湿剤を塗れるよう、保湿剤をスタンバイさせてから入浴するという人もいるほどです。

健康な肌の方でも入浴後の保湿ケアは欠かせませんが、肌がデリケートなアトピーや乾燥肌の方の場合はさらに神経を使うことになってしまいます。

そのような方たちに人気が高いのが、「みんなの肌潤風呂」と「重炭酸入浴剤ホットタブ」です。

どちらも入浴剤で「残留塩素除去で赤ちゃんも安心」、つまりデリケート肌の方でも安心して使えるものとなっていて、入浴後の肌乾燥改善に役立つものとなっています。

では、選ぶ際の参考となるようにそれぞれの特徴をご紹介しますね。

まずはみんなの肌潤風呂です。

こちらは、別府明礬温泉「湯の花」配合で、熟成させて炭酸ガスを閉じ込めているため柔らかいお湯が楽しめるようになっています。

さらに、温泉ミネラル成分を砂糖のチカラで角質層へ閉じ込め、潤い保湿ヴェールで水分を逃がさない仕組みになっています。

もちろん、水道水の残留塩素を除去しているので赤ちゃんも安心です。

肌を清潔に保ちながら、肌を潤し、その潤いを逃さずしっかりと届けるのが肌潤風呂の大きな特徴と言えます。
みんなの肌潤風呂は、アトピーのかゆみにも効果?

次に重炭酸入浴剤ホットタブです。

重炭酸入浴剤ホットタブのほうは、重炭酸イオンの温浴効果で体の芯から温め、炭酸ガスとクエン酸でしっかりと肌の汚れを取り除き柔らかな肌にしてくれます。

疲れを癒し、自律神経を整えるリラックス効果もありますよ。

また、ミネラル皮脂汚れもしっかりと除去してくれますし、こちらも水道水の残留塩素を除去しているので赤ちゃんも安心です。

炭酸のパワーで汚れをしっかりと落としてくれて、なんと加齢臭も消えやすいということで人気になっています。

これらの特徴を比較してみると、アトピーや乾燥肌でお風呂上がりの潤いを重視したい方は「みんなの肌潤風呂」がベストです。

加齢臭が気になったりリラックス効果を重視したい方は「重炭酸入浴剤ホットタブ」のほうがよりオススメということになります。
重炭酸入浴剤薬用ホットタブは、保湿効果もある?

公式サイト↓


とはいえ、どちらの入浴剤も赤ちゃんでも大丈夫なほど肌に優しく、優れた温浴効果で冷え症改善にもピッタリなので、最終的には好みの問題でしょうか。

効果の感じ方には個人差がありますので、まずはどちらも一度試して、よりご自身に合っている方を選ぶというのもいいですね。