kankai(カンカイ)で効果的な使い方はある?

薬用入浴剤kankaiは漢方薬でも用いられているトウキやシャクヤクといった血流を良くして体を温めてくれる生薬が配合された入浴剤です。

上記の生薬は血流を良くして体を芯から温めることによってリウマチや神経痛の原因となる冷えをケアして痛みを和らげることが期待されています。

それだけではなく、これらの生薬は保温にも良い働きを持つのでいつまでも体の内側からぽかぽかした状態が続きます。

これだけでもかなり良い変化が期待できそうですが、薬用入浴剤kankaiはこれだけでは終わりません。

薬用入浴剤kankaiは生薬が含まれるパックだけでなく、ローズミルキーパックというカミツレエキスやホホバオイルが含まれているパックがあります。

これらのエキスは植物由来の成分でリラックスに良い働きをもたらしてくれることで知られており、痛みの原因として知られているストレスを和らげてくれます。

そんな薬用入浴剤kankaiは雑誌やテレビといった様々なメディアで掲載され、利用された方からたくさんの高評価を得ているのですが、より良い変化を実感できるような使用方法はあるのでしょうか?

今回は薬用入浴剤kankaiのより良い使用方法について探ってみたいと思います。

〈薬用入浴剤kankaiで効果的な使い方って?〉

薬用入浴剤kankaiの使用方法は公式通販サイトに掲載されています。

それによると、和漢パックとローズミルキーバス1ウィークご使用方法として、和漢パック1パックを2日間使用するとしています。

具体的には和漢パックを1パック用いて1回目はそのままパックをお風呂に入れて、2日目はパックをもみながら成分を絞り出して入浴するとあります。

ローズミルキーパックは1週間に1回、そのまま開封してお風呂に入れて使用するとあります。

その際には38度から40度のぬるま湯に約20分間ゆっくりとつかることを推奨しています。

さらにカンカイ体操を取り入れるとより良い変化を実感できることが期待できます。

これ以外にも和漢パックの使用方法として、1パックを週に3〜4回、お風呂に入れもみながらしっかりと成分を絞り出して1回で使い切るという方法もあります。

このような使用方法を守って使用することによって良い変化が早く実感できることが期待できるのです。

口コミでも人気です。
薬用入浴剤kankai(カンカイ)の口コミ効果!リウマチ・神経痛・冷え性に良いって本当?

〈まとめ〉

いかがでしたか?

薬用入浴剤kankaiにはより良い変化を実感できるような使用方法があるので、それを守って使用することがポイントです。

お湯につかるのにもコツがあり、体操を加えるとさらに良い変化が実感できるとしています。

この記事を読んで興味を持ったあなた、ぜひ薬用入浴剤kankaiを試してすっきりとした体を目指してくださいね!

薬用入浴剤↓kankai(カンカイ)公式サイトをチェック!
>>リウマチ・神経痛・冷え性用【kankai】<<

Hs