薬用入浴剤kankai(カンカイ)の口コミ効果!リウマチ・神経痛・冷え性に良いって本当?

少し触れられただけでも手足の関節が非常に痛む。

これは関節リウマチの症状として知られています。

関節リウマチは関節が炎症を引き起こす疾患と言われており、現代の医学で根治するのは難しい病気です。

しかし、医学が発展していく中で症状を緩和することができるようになってきました。

それでも何もなかった頃のように日常的な生活を送るのが難しいため、様々な対策法を探している方も少なくないと思います。

リウマチや神経痛対策

リウマチの症状が引き起こされる原因は免疫系統の異常です。

私たちが持っている免疫の働きに異常が起こると本来外部から侵入した菌やウィルスから私たちを守るはずの免疫が、私たちの健康な細胞まで攻撃するようになってしまいます。

それが原因で強い炎症が引き起こされるようになり、放置してしまうと症状が悪化して関節が変形してしまうこともあり得ます。

さらにリウマチと似たような症状を引き起こす神経痛も社会問題となっています。

私自身、肋間神経痛を患っており、いきなりびっくりするような痛みに襲われて不安感でいっぱいになってしまうこともあります。

病院を受診したこともありますが、治療法が確立されていないため、症状が起きたときにはおとなしく治まるのを待っているのが現状でした。

そんな日常生活に支障をきたしてしまうリウマチや神経痛
さらに女性は冷え性で悩んでいる方もとても多いと言われています。

そんな痛くて辛い症状が和らぐとメディアでも話題になっているのが、自宅温浴法です。

血行不良が原因により神経痛がひどくなったり、日常的なストレスにより免疫力が低下することでリウマチの症状が悪化することもあります。

そんな時に入浴時に体をしっかりと温め、血行と関節の柔軟性を良くし、ストレスのない質の良い睡眠をしっかりとれるように導いてくれるのが、自宅温浴法なのです。

そして、この自宅温浴法のために開発された画期的な薬用入浴剤がkankai(カンカイ)です。

薬用入浴剤↓kankai(カンカイ)公式サイトをチェック!
>>リウマチ・神経痛・冷え性用【kankai】<<

実際に利用した方の90%以上が満足していると言われているこの入浴剤ですが、一体どんな商品なのでしょうか。

今日は、薬用入浴剤kankai(カンカイ)について詳しくお話ししていきたいと思います。

kankai(カンカイ)とは?

薬用入浴剤kankai(カンカイ)は、生薬100%和漢パックと、ローズミルキーバスの相乗効果により、リウマチ、神経痛、冷え性対策用に開発された商品です。

使用方法はとても簡単で、薬用入浴剤kankai(カンカイ)を入れた湯船に38度から40度のぬるま湯に20分間ほどゆっくりとつかります。

1回目はお風呂に浮かべてそのまま入浴し、2回目は和漢パックを揉みながら成分をさらに絞り出して入力します。
そして3回目はそのまま開封して、お風呂に入れて使用します。

もちろん肌の弱い方でも安心して使うことができるように、石油系界面活性剤、シリコン、アルコール、紫外線吸収剤は一切配合されていないため、安心して使うことが可能です。

さらに配合されている成分だけではなく、肌に直接触れる入浴ケア商品だからこそ、高水準の品質や衛生管理にはしっかりとこだわり、医薬品と遜色ない水準で製造管理された国内工場でのみ、一つ一つ妥協せず製造を行っています。

口コミ評価はいかが?

では、薬用入浴剤kankai(カンカイ)を実際に取り入れている方はどのような効果を実感できているのでしょうか。
それでは、口コミをご覧ください。

口コミ1 埼玉県在住 Yさんの場合

40代後半から身体のあちこちに神経痛を感じるようになりました。

ひどい日は布団から出ることができないほど激しい痛みに襲われ、痛みに支配されるような日々が続くことにより積極的に外出することも少なくなっていきました。

家にいる時間が増えたせいで後ろ向きに考えることも増え、家族にも心配される毎日を過ごしてきましたが、この入浴剤を使い始めてからは体がポカポカと温まり、自然と痛みが和らぐ日が増えてきました。

おかげさまで少しずつ外出もできるようになり、久しぶりに家族で温泉旅行に出かけることもできました。

試してみて本当に良かったです。

口コミ2 千葉県在住Aさんの場合

私は30代という若さでリウマチと診断されてしまいました。

日ごろからデスクワークが多かったのですが、あまりの痛みにパソコンを打つことさえ苦痛に感じ、これから先仕事が続けていけるのかとても不安になっていました。

生活がかかっているので、長期間会社を休んで治療に専念することもできず、私はこのままどうなっていくんだろうと不安になっていた時に目にとまったのがkankai(カンカイ)です。

実際に試した方の口コミを見てみると、私のようにリウマチで悩んでいた方が症状が緩和されたと書いてあったので、わらにもすがる気持ちで試してみたところ、確かに少しずつではありますが痛みが軽減されました。

あんなに辛かったデスクワークも以前より痛みを感じずに続けていくことができています。

口コミ3 静岡県在住 Mさんの場合

重度の冷え性で、季節関係なく手足は常に冷たい状態で神経痛にも若い頃から悩まされてきました。

しかし、カンカイと出会ってからは冷え性が徐々に改善されていき、活動的に動くことができるようになりました。

これで子供をスキー旅行に連れてってあげることも実現できるかもしれません!

口コミ4 神奈川県在住 Kさんの場合

使い始めてからすっかりカンカイの虜になってしまいました。

冷え性を改善する目的で購入したのですが、なんといってもローズの香りに癒され、毎日疲れた体を入浴タイムでしっかりと癒してくれます。

私はもともとあまり長い時間湯船につかっているのが得意ではありませんでしたが、カイカンを購入してからは入浴タイムがとても楽しみです。

以前使っていた市販の入浴剤と比較してもいつまでも体がポカポカとし、夜お布団に入ってからも寒さを感じることなく快適に熟睡できるようになりました。

他にも多くの口コミを目にしました。

実際に試された方のほとんどが良い効果を実感できている現状があることから、リウマチ、神経痛、冷え性にお悩みの方にとってお勧めできる入浴剤であることは間違いないと思います。

ただし、口コミはあくまで個人の感想となっているため、誰でも同じような効果を100%実感できるものではありません。

症状を改善するために、日ごろからの生活習慣に気をつけることも大切です。

どんな成分と材料で効果が出てるの?

続いて、薬用入浴剤kankai(カンカイ)に配合されている成分と材料についてご紹介してください。

まず、和漢パックには2,000種類から厳選した5種類の生薬が100%配合されています。
配合されている生薬を見てみると、

・甘草「冷え性や保湿効果」
・生姜「保湿効果と疲労回復」
・茯苓「冷え性や保湿効果」
・十薬「疲労回復と冷え性」
・当帰「疲労回復と冷え性」

このようになっています。

続いてローズミルキーバスはリラクゼーションたっぷりとなっていて、和漢パックを6日間使った後に1週間に1度ローズミルキーでリラックス&保湿により心身体を癒します。

ローズミルキーバスには、

・カミツレエキス
・ホホバオイル
・トリグリセリル
・サクシノイルアテロコラーゲン
・パルミチン酸イソプロピル
・ローズの香り
・ミリスチン酸
・グリチルリチン酸2K

このような成分が配合されていました。

安心できる成分でのみ作られているため、有効成分を活かしながら長期的に使っていくことが可能です。

他の入浴剤との大きな違いとまとめ

今までにも市販されている入浴剤で、神経痛などに効果があると言われているものは数多く販売されていますが、これほど配合されている成分にこだわり、さらに香りなどにもこだわりぬいて開発されている入浴剤はなかなか出会えないと思います。

さらに、化粧品などではよく見かける返金保証制度ですが、薬用入浴剤kankai(カンカイ)は入浴剤では珍しく、満足できなかった場合には初回代金を全額返金してもらうことが可能です。

さらに、薬用入浴剤kankai(カンカイ)は、公式サイトからの通信販売で購入することができますが、こちらではお得に購入することができる定期コースがありました。

この定期コースを活用して購入すると、初回特別価格50%オフので購入することができ、さらに2回目以降も57%オフの最安値で購入することが可能です。

また、メーカー側では30日間使用した方のモニター結果を集計しており、その結果を公式サイトで公表していますが、良い効果を実感できた方が91.7%にも上ります。

特に寄せられている声で1番多かったのが、朝までぐっすりと眠れて、こわばりが気にならなくなったとの事でした。

もしもあなたが日ごろからリウマチ、神経痛、冷え性に悩まされているのなら、この機会にぜひ試してみてくださいね。

薬用入浴剤↓kankai(カンカイ)公式サイトをチェック!
>>リウマチ・神経痛・冷え性用【kankai】<<

Hs