kankai(カンカイ)の全成分や材料!どの成分が良いの?

和漢パックとローズミルキーバスがセットになった薬用入浴剤がkankai(カンカイ)です。

痛くて辛いリウマチ、神経痛、冷え性の方から注目を集めている商品です。

リウマチ、神経痛、冷え性を抱えている女性は日常的にこんな悩みを抱えていると言われています。

・お風呂で温まってもすぐに手足が冷たくなる。
・就寝中に関節がじんじんと痛くなり眠れない。
・朝と夜は特に指の関節が腫れてズキズキと痛む。
・手足が締め付けられるように痛い。
・体中の関節が痛むため日常生活がままならない。
・できるだけ外科手術は受けたくない。

さらにこのような慢性的な悩みを抱えている人は、自分だけではなく周囲の人に迷惑をかけていることが辛いと感じ、二重に苦しんでいる傾向があります。

kankai(カンカイ)は、そんなリウマチ、神経痛、冷え性でお悩みの方のために開発された入浴剤となっており、痛みを発生させてしまう3大原因に着目して開発されています。

まず3大原因のうちの1つは、冷え性体質が体温を低下させてしまうことにあります。

30歳以上の女性の半数以上が冷え性を抱えており、リウマチ、神経痛、関節痛に悩みを抱えている女性の、約80%が冷え性に悩んでいる傾向があるのです。

そして2つ目は血行不良が関節の柔軟性を低下させてしまいます。

冷え性により血行不良が手足から始まると、肘や膝、腰などが寝ている間に関節の柔軟性を奪ってしまいます。
さらに寝返りをうったり、痛みで体を動かしている間に無理な体制をとってしまうことから、痛みや炎症が悪化してしまうのです。

最後3つ目は、睡眠不足によるストレスが免疫力を低下させてしまいます。

就寝中に突然訪れる痛みにより何度も目を覚まし、熟睡できない状態になるとストレスが発生して、リウマチや神経痛の症状が悪化することがあります。
その結果、翌朝の関節の痛みや腫れを悪化させてしまう原因となるのです。

だからこそ、リウマチ、神経痛を少しでも良い方向にもたらすためには、入浴時に体をしっかりと温めて、血行と関節の柔軟性を向上させ、ストレスのない質の良い睡眠をとることがとても重要です。

kankai(カンカイ)に配合されている和漢成分冷え性を改善しながら、保湿効果や疲労回復効果をサポートする効果が期待できるため、リウマチ、神経痛を和らげる手助けを行います。

さらに、ローズミルキーバスには、リラックス効果と保湿効果を高めて、質の良い睡眠へと導く効果が期待されています。

それでは、kankai(カンカイ)に配合されている成分を詳しくご覧ください。

「kankai(カンカイ)成分」

甘草、生姜、茯苓、十薬、当帰
カミツレエキス、ホホバオイル、トリグリセリル、サクシノイルアテロコラーゲン、パルミチン酸イソプロピル、ミリスチン酸、グリチルリチン酸2K、ローズの香り
薬用入浴剤kankai(カンカイ)の口コミ効果!リウマチ・神経痛・冷え性に良いって本当?

なかなか痛みが改善されなくて困っているあなたも、この機会にぜひ取り入れてみませんか。

薬用入浴剤↓kankai(カンカイ)公式サイトをチェック!
>>リウマチ・神経痛・冷え性用【kankai】<<

Hs