薬用入浴剤kankaiと肌潤風呂の違い比較とどう選ぶ?

kankaiも肌潤風呂も入浴剤ですが、それぞれの違いと選び方をご紹介します。

◆まずはkankaiですが、こちらは薬用で医薬部外品の日本製です。

痛くて辛いリウマチや神経痛、冷え性にお悩みの方におすすめです。

冷え性でお風呂に浸かってもすぐ冷えたり、寝ている間に関節が痛み眠れない方、朝、指の関節が腫れて曲げると痛む方、手指のこわばりで重い物を持てず、仕事や家事がはかどらない方におすすめです。

リウマチや冷え、神経痛の原因は体温の低下と血行不良、ストレスなどがあります。

kankaiは翌朝まで冷えを防ぎ、質の良い睡眠をとれるようになります。

生薬100%の和漢パックとローズミルキーバスの相性効果で改善していきます。

38~40度のぬるま湯に約20分浸かると身体の芯からポカポカと温まります。

甘草、生姜、茯苓、十薬、当帰が配合されています。
石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、シリコン、アルコールは一切不使用ですのでお肌にも優しいです。

ローズの香りでとてもリラックスします。
薬用入浴剤kankai(カンカイ)の口コミ効果!リウマチ・神経痛・冷え性に良いって本当?

◆次に、肌潤風呂ですが、こちらは肌の乾燥を改善する入浴剤です。

着色料、合成香料、パラベン、エタノールは不使用なので安心して使う事ができます。

肌が乾燥する原因は入浴による乾燥の可能性があるそうです。

肌潤風呂は天然温泉成分の別府明礬温泉の「湯の花」が配合されています。

皮膚や汗腺の油脂汚れを除去してくれます。

多量の温泉ミネラル成分も含んでいます。

自然素材で微発砲する入浴剤となっているのでお肌にも良いのです。

また、ビート由来の砂糖成分が配合されているので、温泉ミネラルの水分を引き寄せて、潤いを閉じ込めます。

塩素も除去しているのでお肌にも刺激がなく、優しいです。

◆このように、2つの入浴剤を比べてみると冷えと乾燥の改善に分かれますね。

冷え性で眠れない方はkankaiをおすすめします。
また、長年リウマチに悩んでいる方で病院に通院されていて、お薬だけでは良くならない方にもおすすめです。

冷えはあまり気にならない方で、乾燥が気になる方は肌潤風呂をおすすめします。

どちらも気になるという方はどちらもおすすめします。

どちらが今の自分に必要か見極める事が大事です。

冷え性、リウマチ、神経痛、乾燥は辛いですよね。

どちらも定期コースがご用意されています。

kankaiは初回は50%OFFで購入できます。

2回目からも格安で購入できます。

1ヶ月分のお値段です。

肌潤風呂は1ヶ月分の約600gで2980円が2533円で購入できます。

3ヶ月毎に定期のお届けとなります。

口コミでも人気です。
みんなの肌潤風呂の口コミと保湿効果!なぜ潤うの?

どちらもお得な定期コースがついているので、おすすめです。

なお、冷え・リウマチ・神経痛が気になる方は、kankaiをどうぞ。

薬用入浴剤↓kankai(カンカイ)公式サイトをチェック!
>>リウマチ・神経痛・冷え性用【kankai】<<

保湿を強化したい方は、肌潤風呂をどうぞ。

us