みんなの肌潤風呂を30日間使った口コミ体験談

季節は秋になり、北風が冷たく感じる日もあります。

これからの季節、空気が乾燥し、お肌とっても辛い季節ですね。

特にアトピー肌の方にとって、これからの季節は症状が悪化しやすい季節になります。

子供の頃からアトピーに悩まされていたという知人が、アトピーの良いと言われている「みんなの肌潤風呂」という入浴剤を1か月毎日使ってみたそうなので、その体験談や乾燥などをお話させてもらいたいと思います。

まず、私の知人は、小学生低学年の頃からアトピーを患い、10年間くらい治療を続けていました。

現在は、5年ほど強いアトピーの症状は出ていませんが、やはり普通の人の肌より乾燥しがちです。

食事や睡眠など、日常生活の中で、お肌に悪いことは一切しないようにしているそうです。

また、日常生活での習慣には、こだわり、冬場は何もしなくても膝裏や顔が乾燥するので、お肌にダメージを与えないで潤いを逃さない工夫をしており、みんなの肌潤風呂という入浴剤を取り入れてみたそうです。

みんなの肌潤風呂と市販の一般的な入浴剤との違いですが、みんなの肌潤風呂は、アトピー肌やひどい乾燥肌の人用に作られている入浴剤ということです。

肌への刺激となる成分は全て取り除き、肌の潤いをキープすることに着目した入浴剤です。

アトピー肌に効果的な理由ですが、通常、湯船につかるとお肌は皮脂や油分が落とされ、アトピー肌の人にとって強い乾燥の原因となりますが、肌潤風呂は、乾燥や荒れの原因となる過乾燥を防ぎ、肌への潤いを与えるポイントに着目して作られた入浴剤なので、乾燥を防ぎ、アトピー治療に良い結果を与える入浴剤だからです。

では、みんなの肌潤風呂を1か月使った体験談をお話します。

みんなの肌潤風呂の香りは、柑橘系で爽やかな香りです。

人工的で刺激の強い香りではなく、湯船に入れると、強調されない程度の自然な香りなので、強い香りが苦手な方にも良いと思います。

みんなの肌潤風呂は、薬ではないので、たくさん入れても肌への悪影響はないので、季節や空気の乾燥具合、肌に調子によって使う量を増減するのも良いかもしれませんね。

みんなの肌潤風呂は、小さなお子さんも安心して使えるので、ご家族全員で使えて便利です。

ここで、効果的な入り方を紹介します。

1つ目は、一般的には、身体をゴシゴシタオルで洗うと思いますが、それてでは肌に刺激を与えてしまうので、湯船に10~15分間つかるだけで汚れを落とします。

38度~40度の湯船に10分間入ると、身体の約80%の汚れが落ちると言われています。

身体をゴシゴシしないので、ダメージを与えることもなく、乾燥や荒れを防ぎます。

2つ目は、肌潤風呂に、最低でも10~15分程度じっくり浸かります。

肌潤風呂の成分がお肌への潤いを与えてくれるからです。

しかし30分以上つかると肌乾燥の原因となるので、長くても20分程度までが良いですね。

3つ目は、入浴後の保湿です。

肌潤風呂で肌が潤いをキープしているので、化粧水や乳液の浸透率がとても高いです。

このチャンスに、入浴後30分以内には、お肌のお手入れをすることがコツです。

最後に、肌潤風呂を1か月間使った感想です。

肌そのものの保湿力が抜群に高くなりました。

肌が乾燥すると、ヒリヒリ痛みますし、痒みも増して本当に辛いですが、しっかり潤うので、アトピーの症状も改善します。

潤いを与えてくれて、肌のバリア機能が向上し、コンディションが良い状態へ持っていくことができます。

アトピー肌の方、乾燥肌の方、これまで負の連鎖だったかもしれませんが、みんなの肌潤風呂を使うことで、肌コンディションの好循環を生み出すことができますよ。

みんなの肌潤風呂は、全額返金保証もあるので、気になる方は、ぜひ気軽にお試ししてみてくださいね。

u