みんなの肌潤風呂の全成分と他の入浴剤との違い

肌に潤いを与えて、入浴タイムを快適にしてくれると好評の「みんなの肌潤風呂」ですが、この入浴剤は一体どのように他の入浴剤と違うのでしょうか。

今日は、みんなの肌潤風呂の全成分をご紹介しながら、他の入浴剤との違いを比較していきたいと思います。

「みんなの肌潤風呂 全成分」

セスキ炭酸Na、炭酸水素Na、スクロース(ビート糖)、酒石酸、別府温泉精製湯の花エキス、ホホバ油、ヒポファエラムノイデス果実油(サジー由来)、酸化チタン、ポリアクリル酸Na、ポリアクリル酸、ベントナイト、エチドロン酸4Na、水、ポリクオタニウム-10、オレンジ油、レモン果皮油、グレープフルーツ果皮油

みんなの肌潤風呂は、潤い成分に甜菜糖(ビート糖)や天然ミネラルを含んでいる明礬温泉の湯の花を配合しており、肌に刺激を与えない優しい成分ばかりを配合しています。

一般的に市販されている入浴剤との大きな違いは、合成界面活性剤や香料・着色料を配合していないという点が1点と、水道水の残留塩素を取り除くことができるという2つの点が大きいと思います。

入浴後に肌が乾燥するという感覚も、通常の入浴剤と比較するとかなり少ないですし、痒みや乾燥は大きく抑えられるので、敏感肌の方や乾燥肌の方。
そして、小さなお子様にもみんなの肌潤風呂はオススメです。

香りや色を楽しむのも良いと思いますが、是非!今年のお風呂は肌の健康を考えて、みんなの肌潤風呂を試してみてくださいね