敏感肌の味方!ミネラルバスパウダーとみんなの肌潤風呂の比較と選び方

寒い冬のお風呂の時間は、心も体も温まってホッとリラックスできる至極の時間です。

そんなバスタイムのお楽しみといえば、入浴剤ですよね。

最近は、入浴剤の種類もとても豊富で楽しみも多くなってきていますが、これだけ豊富に入浴剤があっても敏感肌だからということで使用していない人もいるようですね。

確かに、肌に合わないものは刺激となって肌状態を悪くしてしまいます。

しかし、そんな敏感肌の方こそ利用した方がいいという入浴剤も存在するんですよ。

いやいや、「敏感肌用」という入浴剤でも肌に合わなかった、という方もいるかもしれません。

それは「敏感肌用」と謳ってはいても、中には配合成分に界面活性剤などが使われている場合もありますので、そのような人工的な成分が肌に合わなかった可能性が高いと考えられます。

市販の入浴剤を選ぶ場合は、界面活性剤不使用で天然由来成分のみのものを選ぶようにするのがポイントですよ。

ところで、敏感肌は肌のバリア機能が低下しているために外部からの刺激を受けやすく、たとえば入浴剤の入っていない素のお湯でさえ刺激になることもあります。

湯船に使用している水道水の塩素も刺激になりますし、そもそも入浴自体が皮脂を剥がし落としてしまう行為のために、肌をカサカサに乾燥させて、より肌バリア機能を低下させてしまうことにつながってしまいます。

ですから、入浴剤の成分を吟味して、肌にやさしく敏感な肌を乾燥させない入浴剤を上手に利用するほうが、かえって良い場合もあるのです。

そんな敏感肌の方には、肌を保護してくれて、さらに機能性を兼ね備えた入浴剤のイルコルポ「ミネラルバスパウダー」や「みんなの肌潤風呂」がオススメです。

どちらの入浴剤も水道水の残留塩素を取り除く効果が実証されていますので、まずは塩素による外部刺激はなくなります。

そして、この2つの入浴剤の大きな違いは主成分なのですが、ミネラルバスパウダーはミネラル豊富な雪塩が主成分、みんなの肌潤風呂はお砂糖を主成分となっています。

それぞれの主成分を考えると・・・
選ぶ際のポイントは、発汗を促してダイエットやデトックス効果を期待したい方はミネラルバスパウダーがベストです。
イルコルポのミネラルバスパウダーの口コミ!冷え性改善効果の入浴剤?

ミネラルバスパウダーは、雪塩の抜群の温浴効果で冷えに悩む方にもおすすめです。

公式サイト↓
ミネラルバスパウダー_冷え改善

一方、カサカサ肌が気になって潤いが欲しい方やアトピーの方はみんなの肌潤風呂が一番いいです。
みんなの肌潤風呂は、アトピーのかゆみにも効果?

みんなの肌潤風呂は、入浴後に保湿剤を塗らなくてもいいほどしっとりとしますので、乾燥で痒くなってしまう方などにはぴったりですね。

ただし、どんなに優れた入浴剤でも、熱すぎるお湯と長時間の入浴は避けるようにしましょう。

お湯は38〜40度くらいのぬるめのお湯にして、浸かる時間は体がぽかぽかと温まる20分〜30分くらいにとどめます。

熱すぎるお湯は肌を乾燥させますし、また長くつかりすぎると肌の潤い保持成分が流れてしまいますので。

この点だけ注意をすれば、ミネラルバスパウダーやみんなの肌潤風呂で、敏感肌でもバスタイムをより楽しむことができますよ。