みんなの肌潤風呂で効果的な使い方はある?

台風が続いているせいか、夕方になると肌寒くなる日も増えてきましたね。
体が冷えると、恋しくなるのがお風呂です。

温かい浴槽にゆったりとつかり、日常の疲れを癒している方はとても多いと思いますが、入浴後に肌の乾燥が気になる事はありませんか?

特に私はアトピー性皮膚炎の敏感肌体質のため、お風呂に入ると全身が痒くなり、入浴後は身体全体が乾燥してしまいます。

そのため、お風呂上がりは一生懸命全身に保湿剤を塗らないといけないのですが、そんな私のような乾燥肌体質の人から今大注目なのが、みんなの肌潤風呂です。

みんなの肌潤風呂は、天然湯の花エキス、甜菜から抽出したビート糖。
このような成分が主成分に配合されており、原材料は全て肌に優しい成分となっています。

お風呂に入れば入るほど体全身をしっかりと潤い成分で保湿し、入浴後は保湿剤がいらないほど肌はしっとりすべすべの状態が長続きします。

では、極度の乾燥肌の方がみんなの肌潤風呂を使う際、より高い効果を実感するためのコツはあるのでしょうか。

公式サイトを見てみると、特に肌がデリケートな時期や乾燥が気になる方は、通常の推進量よりも量を増やして使うことで実感しやすくなると記載されていました。

また、みんなの肌潤風呂と併用してみんなの肌潤糖をスキンケアに取り入れることで、より高い保湿効果と肌の柔軟性が実現すると言われています。

ぜひ実践してみて下さい!

us