水素のめぐり湯で効果的な使い方はある?

あなたはもう日々の生活に水素を取り入れていますか?

メディアを中心に水素が注目されるようになり、なんとなく水素って体に良いというイメージをもたれている方も多いと思います。

そこで、今回は水素がなぜ体に良いのかと、効果的な摂取方法である水素入浴についてご説明したいと思います。

水素は宇宙一小さな分子といわれ体内に摂取されやすい構造をしており、からだの活性酸素と結びつく働きがあります。

人間に無数に備わっている細胞は、細胞が活動する際に体内の酸素が使われますが、同時に活性酸素とよばれる成分も排出します。

活性酸素にはからだをサビさせたり、病気になりやすくするため、ためこまないことが何よりです。

通常は体内にある酵素が活性酸素の除去を行ってくれ、無害化してくれるのですが、ストレス過多、疲労がたまっているときなどは酸素が多く消費され、活性酸素が優位になってしまいます。

そこで水素を摂取することで、健康と美容に良い細胞作りを行うことが大切なのです。

もちろん飲料水で摂取しても良いのですが、効果的なのが入浴です。

というのも、入浴は日々家族みんなが必ず行いますし、リラックス効果も得られるからです。

水素はとても小さな分子のため、入浴でも皮膚や呼吸を通じて体内に摂取することができます。

そこでおすすめなのが、「水素のめぐり湯」です。

お風呂を沸かした後最後に水素のめぐり湯を入れるだけで水素水入浴ができ、約8時間もその効果が持続するという便利な商品なのです。

さらに水素のめぐり湯には、お風呂が水素水になるだけでなく、コラーゲン、シリカ、グリシンという3成分も配合しています。

コラーゲンは美肌つくりに欠かせない大切な成分ですが、30歳頃を境に減少してしまいます。

シリカは近年ケイ素としても知られ、皮膚、髪、骨、爪、コラーゲンの再生の働きをサポートしてくれます。

さらにグリシンには塩素を除去する働きがあります。

入浴に使う水道水ですが、雑菌を取り除くため塩素が混じっています。

この塩素はアレルギーのもとになったり、お肌のバリア機能まで低下させてしまいます。

したがってグリシンで塩素を除去し、クリーンなお湯で水素と有効成分のみを細胞に吸収することができるのです。

そんな美容にも健康にも、さらには家族みんなで使えて経済的にも嬉しい水素のめぐり湯ですが、効果的な使用方法をご紹介したいと思います。

まず、お風呂を沸かし、水素のめぐり湯を入れて約15分後にバスタブ全体に広がりますので、入れてから15分後くらいを目安に入浴しましょう。

そして、入浴では多くの水分が奪われますので、水やぬるま湯などをコップ1杯ほど飲んでから入浴すると発汗作用も高まりますのでおすすめです。

運動後や肉体疲労がたまっているときは、40度くらいの温度に設定し、10分ほどの目安で入浴が効果的です。

そしてゆっくりと質の高い睡眠をとりたいという方は、38度くらいの設定で20分ほどの入浴が良いでしょう。
水素のめぐり湯の口コミと肌トラブルケアは本当?

今、美容や健康作りに大注目の水素。

入浴との相乗効果で効率的に水素を取り入れてみてはいかがでしょうか。

公式サイト↓
水素のめぐり湯

u